12年前に書いた詩。  





「風 と 鳥」




僕は 鳥

誰の手にも落ちず

この空の果てまで飛んで行こう





僕は 風

誰の目にも触れず

この星の彼方まで吹き抜けよう




いつの日か

僕の身体が潰えても

魂は永遠の旅を続けるのだろう



風のように

鳥のように



人や町や空

海や森や山をすり抜けて



どこまでも




どこまでも




               copyright(c)2002.seisyuku












。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・゜・。.★* ☆。・゜・。

日本赤十字社・東北関東大震災義援金募集

緊急災害時動物支援本部


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 22:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/09/05 10:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/899-bace6e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

リンク

田舎暮らし・リンク

犬ブログ・リンク

月別アーカイブ

おすすめです(^-^)

メールはこちらへ★

FC2カウンター