プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
前回の続きです。

バロンダンスはもともとお祭りの時に演じられる長い音楽劇ですが
もう随分前から観光客用に短くまとめたものが島内あちこちの劇場で演じられています。
劇場は違っても音楽や登場キャラクター、
物語の流れから衣装に至るまでだいたい同じようです。


バリ島の人々は人の心の中には良い魂と悪い魂が
いつも同時に存在していると信じています。
バロンダンスは人の心の中にある善と悪の戦いを物語っています。
結果として善悪両者とも決着がつかないまま生き残り、
すなわちこの世には善悪が永久に存在する・・・という内容です。
バロンは良い魂、魔女ランダは悪い魂を演じています。

以下、会場でもらったパンフレットに書かれていたストーリーが長くてややこしかったので
自分で更に短くまとめたあらすじです(^^;





1. サデワ王子は死神の生贄として捧げられようとしていた。
  彼の母親である女王の2人の召使はとても悲しんで、
  国の首相に王子が生贄にならないように助けを求める。


2人の召使。
劇中ずっと舞台のどこかに控えていて物語の狂言回し的な役割をしていました。
時々コントを挟むのですが、インドネシア語なので全くわかりませんでした。
笑っている人たちはインドネシア語圏から来た人たちばかり・・・
baron021.jpg







2.女王も首相も、本当はサデワ王子が生贄になるのを悲しんでいるのに
  魔女が現れて2人に次々と呪いをかけ、女王は王子を生贄にする命令を首相に告げ
  首相はサデワ王子を悪魔の住む家の前に縛り付けてしまう。


首相。
台詞を言いながら踊りながら・・・ちょっと謡う。
レゴンダンスみたいな踊り方でした。
米米クラブのダンスの人に似ていると思ったのは、私が変だから?
いつも余計なことを考えてしまう悪い癖です(笑)
baron023.jpg




首相と女王様とサデワ王子。
女王様はピンクの電話の人みたいなキャーキャー声でしゃべってました←
baron022.jpg




死神んちの前に縛り付けられた王子。
王子役は女性でした。
プヨプヨしていて幼児体型。あんまりかっこ良くな(以下略)
baron024.jpg








3.シワーの神(シヴァ神)が現れる。
  王子の身の上を哀れに思い、不死身の体にする。
  生贄の儀式にとりかかろうと出て来た死神は
  不死身の身体になった王子を見て自分の敗北を認める。
  そしてサデワ王子に自分を殺してくれるように頼み、天国に行く。


シワーの神。
これがシヴァ神っすかぁ・・・
現場(?)で見た時には誰なんだかわかりませんでした。
っていうか、神様っぽくない。
baron025.jpg




死神登場!
サーカスチックな登場です。
上からポンと飛び降りました。
baron026.jpg




長い爪です。
こんなのが夜出てきたら恐いだろうなぁ・・・
baron028.jpg




手をブンブン振り回す。
こえぇ~よ!
baron027.jpg




敗北認めて天国へ行かせてもらう死神の図。
このあと死神の取り巻きたちが抱えて運んで行きました(ぷ)
baron029.jpg








4.その様子を見た死神の一番弟子のカレカは、
  同じように自分も天国に行きたいと望み
  サデワ王子に自分も殺してくれるように頼むが同意してもらえない。
  悔しくなったカレカは巨大な動物や鳥に変身して王子と戦うが、勝てない。
  最後に魔女ランダに変身(ラスボスですね)
  すんごく強いので負けそうになったサデワ王子は真実の神バロンに変身する。







この後、なんだか色んなキャラがどんどん出てきてせわしく動き回るので
写真を撮るのを諦めて観劇に集中していました。
なので、ランダとランダが変身した怪物的な写真が無いのです


こちらは夫が持っていた携帯用ビデオで撮ったものを
抜き出して写真に加工したものです。
ランダと、王子が変身したバロン。
ランダは毛色が変わっただけで死神にそっくり。
バロンも歓迎の踊りの時と違う毛色のが出てきました。
baron030.jpg


サデワ王子のバロン。
baron031.jpg



歓迎の踊りのバロン。
baron10.jpg





この物語には終わりがありません。
善と悪は永遠に相克し続けるのですよね。
違う神様の教えですが、すごく納得できます。
今の世界そのものだわ。。。

こうやって編集してみてやっと登場キャラが判明。
物語の内容もしっかり把握出来ました。
もう1回見たほうがいいような。
でも、もうバリ島には行かないんだろうなぁ。。。



2013年インドネシア旅行1・ 羽田~デンパサール

2013年インドネシア旅行 2 ・ クタ市内にて

2013年インドネシア旅行 3 ・ クタビーチへ行く

2013年インドネシア旅行 4 ・ ジャワ島へ行く

2013年インドネシア旅行 5 ・ サンビサリ寺院に行く

2013年インドネシア旅行 6 ・ プランバナン寺院遺跡へ行く

2013年インドネシア旅行 7 ・ ボロブドゥール遺跡へ行く

2013年インドネシア旅行 8 ・ ボロブドゥールのレリーフなど

2013年インドネシア旅行 9 ・ ムンドゥット寺院の仏像

2013年インドネシア旅行 10 ・ バロンダンスを見る





。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・゜・。.★* ☆。・゜・。

日本赤十字社・東北関東大震災義援金募集

緊急災害時動物支援本部


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
思い出しました。
前にバリ島にいった時のことを思い出しました。
バロンが獅子舞の獅子に似てるなあと思ったことや
ガムランの音が心地よかったことなど。
家族揃って行った最後の旅行で、いろんなことを思い出しました。
2013/06/14 11:14 ガス URL [ 編集 ]
>ガスさん
今回の記事を書きながら、ふと思い出して
ガスさんのホームページを見に行ったのですよ。
確か、バリ島の記事があったよなぁって。
バロンダンスもケチャもご覧になっているんですよね?
私は本当はケチャを見に行きたかったのですが
夫と意見が合わず今回は諦めました(今回?)

ガムランの音はほんとに心地よいですね。
暑い国で真昼に聞くと、別世界にいるんだって気持ちが強まりました。
2013/06/14 15:38 星宿 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/739-49dbf483
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター