プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このデイツアーには朝食と昼食がついていました
ジョグジャカルタの空港でジャワ人のガイドさんにピックアップしてもらって
チャーターカーに乗り市内のホテルにあるレストランで朝食。


最初の見学場所であるサンビサリ寺院遺跡に向かいました。
私達のほかにもう一組、60代のご夫婦が一緒でした。

車は市街地を抜けてどんどん走ります。
舗装されていても、どことなくのどかな雰囲気の道が多かったです。
前を行くトラックに移送中の牛さんが乗っていたり(^^)
sanbi1.jpg








サンビサリ寺院 

9世紀ごろ建てられたと推定されています。
1966年に農夫によって発見されました。
近くにはムラピ山という火山があり、
その火山灰に埋もれて6.5メートルの地下に眠っていた遺跡です。
上に畑が無ければ今でも見つかっていなかった?
掘り起こされて修復され、きれいに整地してあります。
この日のジャワも快晴で、真っ青な空が広がっていました。
sanbi2.jpg





そんなに大きくない。
氏神さんの拝殿ぐらい(比較の対象が・・・明らかに間違っている)
sanbi3.jpg





近くに行って、入ってみましょう★
sanbi4.jpg





以下、主堂の外壁にある有名な三体の像です。
ここはヒンドゥー教の寺院です。


ドゥルガ。
シヴァ神の妻です。牛に乗っています。
牛はシヴァ神の乗り物だとされていて、ヒンドゥー教の信者は牛肉を食べません。
このドゥルガ、バリのヒンドゥーではランダという魔女に変身すると伝えられているそうです。
ガイドさんの説明によりますと、この像に触ると痩せられるそうです。
sanbi5.jpg





ガネーシャ。
知恵の神様です。象さんの顔をしています。
私の大好きな神様です。
触ると頭が良くなるそうです。
ナデナデしてきました(笑)
写りこんでしまっている手は私のではありません。
たぶんガイドさんの手。
sanbi6.jpg





アガスティア。
紀元前3千年にインドにいたとの伝説あり。
預言者で、この世に存在する全ての個人の予言を残したというのです。
アカシックレコードが見える人だったのかな?
この像に触ると幸せになれるそうです。
思いっきり触りまくりました
sanbi7.jpg




主堂の内部にはヒンドゥー教ならではの巨大なリンガが祀られていました。
台座の部分はヨニと呼ばれます。
リンガは男性、ヨニは女性のシンボルです。
2年前に行った同じくヒンドゥー教の寺院ばかりのカンボジアの遺跡群でも
この組み合わせは何度も目にしました。
sanbiyoni.png





主堂側から空を見る。
南国の空って、どうしてこんなに青いんでしょう!
sanbi.jpg



サンビサリ寺院を後にして次はプランバナンに向かいます。
午前中だというのに気温が高く、カンカン照り。
焼け付くような日差しでした。



2013年インドネシア旅行1・ 羽田~デンパサール

2013年インドネシア旅行 2 ・ クタ市内にて

2013年インドネシア旅行 3 ・ クタビーチへ行く

2013年インドネシア旅行 4 ・ ジャワ島へ行く





。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・゜・。.★* ☆。・゜・。

日本赤十字社・東北関東大震災義援金募集

緊急災害時動物支援本部


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/727-bea4576c
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター