プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
昨日の15日は全国的に小正月だったのでしょうか?
「15日正月」とも呼ばれていますね。
各地でお正月のしめ飾りや古いお札を燃やす「どんど焼き」(呼称色々)
なども行われたのでしょうか?


私の住む地区では「道祖神講」とも呼ばれます。
14日、15日にはあちこちの道祖神がこのように飾られます。
これは天神山の上り口付近のもの。
双体道祖神です。
dousojin1.jpg



写真は14日の午後、ムックの散歩時に撮りました。
すでにお団子がお供えしてあります。
米粉で作られたお団子は「繭玉」と呼ばれ
養蚕や織物が盛んだった頃のお供えの名残です。
dousojin2.jpg



ほんの10年ぐらい前までは各家で山から大きな木の枝を切ってきて
台木の板に打ち付けて(クリスマスツリーみたいに)
紅白の繭玉を作り、その枝にいっぱい刺して屋内に飾りました。
「だんごばら」と呼ばれていました。
我が家でも息子らが小さかった頃にはだんごばらを作って飾っていたんですよ。

枝に刺したお団子は子供達があちこちの家を回ってもらいに来るのを
各家で鋏で適当に切って渡したりしていました。
子供達はどんど焼きの火で繭玉をあぶって食べたものです。
うちの息子らも小学生の頃はやってたなぁ。

今は火災の心配からどんど焼きもなくなってしまったので
ほとんどの家が作るのをやめてしまいました。




天神山よりも少し西桂寄りにある道祖神。
ここも双体です。
飾り付けはその年の道祖神の当番の家2軒で行います。
dousojin3.jpg




この写真は昨日の15日に撮りました。
繭玉は紅白です。
dousojin4.jpg




お皿に乗ったお団子もお供えしてありました。
dousojin5.jpg





横に回ると作られた年号が彫ってあります。
dousojin6.jpg

寛政三亥年

       ↑
調べてみたら。。。1791年でした。



夫のご先祖様も、ここにお供えしたことあるのかなぁ?

★カチカチに乾いたお団子は、小正月が終わってから枝から外し
お湯で柔らかくなるまで茹でてからお砂糖とお醤油で味付けしたり、
けんちん汁の中に入れて食べます★

。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・゜・。.★* ☆。・゜・。

日本赤十字社・東北関東大震災義援金募集

緊急災害時動物支援本部


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012/01/16 16:30 未分類 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/577-4f08970b
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター