プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
遺跡は公開しつつ修復も進められています。


掘り出された石や、修復のために一旦外された石などには番号がふられています。
tp5.jpg




ちゃんと元通りの順番に組み直せるように、細心の注意を払って。。。
tp6.jpg



朽ちてゆくのを止める作業ですから、終わりが無さそうですね。
tp15.jpg




ここも直すのかな?
tp10.jpg





レリーフは風化していましたが、美しかったです。
tp9.jpg





tp0.jpg




tp11.jpg





ここで暮していた人達の息遣いや賑わいは想像も出来ません。
夢の跡。。。。
tp14.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
バイヨンは何度かテレビなどで見かけた事がありますが、
このタ・プロームはまたすごい所ですね。
とくに、前の記事の木の根は
まるで巨大生物のようで目を奪われました。

1000年近くの年月が過ぎても、
これだけ形が残っているのは石の建造物の強みですね。
2011/03/03 22:24 ちき URL [ 編集 ]
言葉にならないよ~
すごいですね~。
ため息つきながら、過去に思いを馳せてみたくなるような建造物ですねぇ。
それぞれのお国の歴史の重みを感じる写真たち。
アジアって興味がそそられますよ~。

旅行中は半袖だったのに、今、すっご~く寒いでしょ?(笑)

2011/03/04 16:50 ぱぴっち URL [ 編集 ]
>ちきさん
とにかく全部石で出来ているのです。
柱も窓枠も、全部。

圧倒的なまでの存在感です。

どの遺跡に行っても
ただただ、見入るだけでした。
1箇所に1日いても飽きないと思います。

子供のころから行ってみたいと思っていた場所だったので
心の底から感動しました。

出来ることならもう一度行きたいです。
2011/03/04 23:16 星宿 URL [ 編集 ]
>ぱぴっちさん
寒いです!

なにしろ、昨日は雪が降りましたから(泣)
今夜は水道の水を出して寝ないと凍りそうです。
明日の朝の予想気温、-10℃だって。。。

同じ地球なのに、違い過ぎです~;
2011/03/04 23:18 星宿 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/397-440aeb73
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター