プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
乙一   「暗黒童話」

事故で左目と記憶を失った高校生の少女は眼球の移植手術を受けた。
記憶は戻らないまま、
いつしか移植された左目を通してドナーの記憶が見えるようになる。
その記憶は誘拐事件や殺人事件につながる記憶だった。
彼女はドナーである男性の記憶をたどって彼が住んでいた町を訪れ。。。


非常にグロテスクな内容です。
美しいまでにグロいです。
そして切ない。
推理小説とホラーと猟奇小説とラブストーリーが一緒になったような物語。
私は嫌いではありませんが。

文庫版を読んだのですが、へそ曲がりな私としましては
作者の後書きが一番面白かったです(^^;
手にする機会がありましたら是非後書きも読みましょう!!


江戸川乱歩の「孤島の鬼」を彷彿させるミックス人間が出てきたり
これでもかと言うほどのグロ描写の連続です。
途中、手足の無い女の子と彼女をそうしてしまった男性の会話に出て来る
ある小説のエピソード。
あれはSFの古典 「冷たい方程式」 ですね~(^o^)
すんごく、懐かしかった!
中学生の頃に読んだ覚えがあります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
仲間がいっぱい♪
スポンサーサイト
2010/10/27 22:03 読書 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hoshicyan.blog23.fc2.com/tb.php/328-cb50d222
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター