プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハレムの続きです。
tph19.jpg






タイルの壁、絨毯を敷き詰めた床。
tph20.jpg







絨毯の模様。
tph21_201708302133401dd.jpg




トルコの絨毯は数か月をかけて手作業で織る緻密な模様の芸術品です。
ツアー中に工房を見学しましたが、建物内に1時間以上閉じ込められて
絨毯売場でたくさんの作品を勧められました。
私や数組の人は出口を探してさっさと外に逃げましたが(笑)
他の数組の方々はお買い上げ♪
あの~・・・・100万円の絨毯買った人いらっしゃいました。
小さくて安いので半額、とかいうのも10万とか平気でしてました(滝汗)
ただ、日本で同じものを求めたら更に高い値段が付くので
最初から買い物目的でトルコに行く人にとってはとても良いツアーだったと思います。
添乗員さんとガイド付き、五つ星ホテルに泊まれて10日間(食事付き)で10万円ですもん・・・・

職工さんのお給料は4,5万だという話でしたが、
そんなに良い値段で売れるのならピンハネしすぎだろ!!!
とひそかに思った強制ショッピング会場でした。

ん?
違う方向に話題がそれていました。
続けますっ!


トルコの冬は寒いので、どの部屋にも暖炉や火鉢が置いてあります。
tph22.jpg







ここは王子たちが帝王学を勉強したりする部屋という名目のカフェス(鳥籠)と呼ばれる部屋。
王子たち・・・・母親の違う王子たち。
全員がスルタンになれるはずも無く、乳離れしたらずっとここに幽閉状態で暮らしていたため
精神に異常をきたすものがほとんどだったようです。
彼らが外へ出られないように監視するのは鼓膜に穴をあけられ
舌を抜かれた宦官という徹底ぶり。
なんか凄い所へ入ってきちゃったんだなぁ、私。
tph23.jpg






ハレムは、美しいのに恐い所。。。。
tph23-2.jpg






tph23-4.jpg







美しいのに悲しい所。。。。
tph23-3.jpg







豪華な部屋に反比例して、狭くて暗い廊下。
tph32.jpg







愛妾のテラスと呼ばれる所。
側室たちはハレムの外には出られませんでした。
中庭だけが外の空気を吸える場所。
なんだか繁殖場の家畜みたいだ・・・・
tph27.jpg







側室たちの霊魂、今は安らかに眠れているのでしょうか?
あまりにも今の自分の暮らしとかけ離れていて
どんな話をきいても物語みたいにしか聞こえないのです。
街で見かける現在のトルコの女性たちは幸せそうで安心しました。
tph28.jpg







さようなら。
もしまた訪れる事が出来たら、もっとゆっくり見学したいです。
tph29.jpg







宮殿のテラスから見えた金閣湾。
素晴らしく良い天気でした。
tph30.jpg







山の中で暮らしているので、海を見るのは大好きです。
tph31.jpg






以上、トプカプ宮殿の見学記でした。





 2017年 トルコ旅行 

ヒエラポリスとパムッカレ 1

ヒエラポリスとパムッカレ 2

ヒエラポリスとパムッカレ 3

カイマクル地下都市

カッパドキア  1

カッパドキア  2

カッパドキア  3

カッパドキア  4

ギュゼルユルト村へ行く。  1

ギュゼルユルト村へ行く。  2

ブルサにて。   1

ブルサにて。   2

ブルサにて。   3   ギョルヤズ村へ行く

ブルサにて。   4  ギョルヤズ村のプラタナス


キャラバンサライの犬。   1

キャラバンサライの犬。   2

イスタンブール  1  ガラタ橋にて

イスタンブール  2  アヤソフィア

イスタンブール  3  ブルーモスク

イスタンブール  4   トプカプ宮殿  その1


イスタンブール  5   トプカプ宮殿  その2


。・゜・。.☆*.★.。・゜・。.☆.*  *☆.。・゜・。.★* ☆。・゜・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター