プロフィール

星宿

Author:星宿
犬と遊んだり、花を育てたり、・・・
石鹸作ったり、温泉行ったり・・・・
図書館通いも大好きです


★ムック★
2007年秋生まれ(推定)
   男のコ

お母さん・・・紀州犬
お父さん・・・不明
飼い主・・・近所の老夫婦

縁あって日々の世話や
お散歩、食餌のお手伝いを
させていただいています

時々我が家に泊まったりもします

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
大森兄弟     「犬はいつも足元にいて」

第46回文藝賞受賞作で昨年の芥川賞候補作品。
30代の兄弟2人による共著です。

中学生の主人公と、その飼い犬。
母親、離婚して別居している父親。

仲良くもないのに友人面するばかりではなく
執拗に意地悪をしかけてくる同級生。
その母親。

公園で出会った戦争経験者である老人。

作中の登場人物が全員勝手に動いている感じ。
犬と人間、人間と人間。。。
どの関係からも少しの愛情すら感じられない。
モノクロの世界の物語みたいでした。

そして公園の空き地から犬が掘り出す腐肉の描写。
所々で出て来るその描写が物語の芯なのでしょうか?

全ての人間や人間関係の醜い部分や、
生きてゆくということの根底に流れる辛さや苦しみ、
それらが凝縮されたイメージが具象化されたのが腐肉の描写なのかなぁ、と。

だからといって作者が読者に何を伝えたかったのかがわからない。
それは私の読み方が悪かったからなのかな。
短い小説なのでサクっと読めてしまいますが
後味の悪さだけが残ります。
犬も可哀想だったわ(そこですか、突っ込む所は)

スポンサーサイト
2010/03/28 20:39 読書 TB(0) CM(3)
月別アーカイブ
おすすめです(^-^)

自家焙煎のコーヒー豆

メールはこちらへ★

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター